沖縄の植物,           
双子葉植物
へ ,単子葉植物へ, イネ科 , Kiich Maja Homeへ ,                       マツポックリ , マメ科 ,   花園・園芸種  ,                              

 
蔦 蔓 匍匐性の植物 ,  海岸植物と水辺の草本 ,                         

  
木陰の植物 ,   ラン科 ,    日向を好む草本 ,                         

  
有用植物 ,   , 木の実と種子 , キク科 , キノコ類  , 海草類                

               シダ植物 Pteridophyta                   

      イワヒバ科 Selaginellaceae ,      ウラジロ科 Gleicheniaceae  ,                   ウラボシ科 Polypodiaceae  ,      オシダ科 Aspidiaceae  ,                      カニクサ科 Schizaeaceaee  ,      キジノオシダ科 Plagiogyriaceae  ,               コケシノブ科 Hymenophyllaceae  ,  トクサ科 Equisetaceae ,                      スジヒトツバ科 Cheiropleuriaceae ,   サンショウモ科 Salviniaceae  ,           

      シシガシラ科 Blechnaceae  ,       シシラン科 Vittariaceae  ,                    シノブ科 Davalliaceae   ,    ゼンマイ科 Osmundaceae  ,                       チャセンシダ科 Aspleniaceae  ,    デンジソウ科 Marsileaceae  ,                  ハナヤスリ科 Ophioglossaceae  ,                                         ヒカゲノカズラ科 Lycopodiaceae  ,   ヒメウラボシ科 Grammitidaceae  ,         

      ヘゴ科 Cyatheaceae   ,       マツバラン科 Psilotaceae   ,               
      ミズワラビ科 Parkeriaceae   ,                                      
      ヤブレガサウラボシ科 Dipteridaceae  ,  リュウビンタイ科 Marattiaceae  ,        
      ワラビ科 Pteridaceae  ,                                          

 種子植物 Spermatophyta                                              
   裸子植物 Gymnospermae                                           

      イチョウ科   Ginkgoaceae  ,    スギ科   Taxodiaceae  ,               
      ソテツ科   Cycadaceae  ,      ナンヨウスギ科 Araucariaceae  ,          
      ヒノキ科   Cupressaceae  ,                                      
      マオウ科   Ephedraceae   ,    マキ科   Podocarpaceae   ,            

      マツ科 Pinaceae                                               

 被子植物 Angiospermae                                              
   双子葉植物  Dicotyledoneae                                         
 
      アオイ科   Malvaceae ,          アオギリ科   Sterculiaceae   ,         
      アカザ科  Chenopoqiaceae  ,      アカバナ科   Onagraceae     ,       
      アケビ科    Lardizabalaceae  ,                                   
      アサ科    Cannabinaceae   ,     アブラナ科   Cruciferae   ,           
      アマ科    Linaceae  ,           アワゴケ科   Callitrichaceae   ,       

      アワブキ科  Sabiaceae  ,         アリノトウグサ科 Haloragidaceae  ,      
      イイギリ科   Flacourtiaceae   ,    イラクサ科   Urticaceae   ,           
      ウコギ科   Araliaceae  ,         ウリノキ科    Alangiaceae   ,        
      ウルシ科    Anacardiaceae   ,    ウマノスズクサ科 Aristolochiaceae   ,    
      オシロイバナ科  Nyctaginaceae   ,  オトギリソウ科  Guttiferae   ,          
 
      カエデ科   Aceraceae          ,  カバノキ科   Betulaceae             
      カタバミ科   Oxalidaceae        ,  カンラン科    Burseraceae           
      キブシ科    Stachyuraceae     ,  ギョリュウ科   Tamaricaceae           
      キンポウゲ科  Ranunculaceae    ,  キントラノオ科  Malpighiaceae          
      クスノキ科    Lauraceae       ,   グミ科    Elaeagnaceae            

      クルミ科    Juglandaceae      ,   クロウメモドキ科 Rhamnaceae          
      クロタキカズラ科 Icacinaceae     ,   クワ科     Moraceae               
      ケシ科      Papaveraceae      ,                                
      コカノキ科   Erythroxylaceae      , コショウ科    Piperaceae            
 
      ザクロ科    Punicaceae        ,  ザクロソウ科  Aizoaceae             
      サガリバナ科  Lecythidaceae       , サボテン科   Cactaceae            
      シクンシ科    Combretaceae      ,  シナノキ科    Tiliaceae            
      シュウカイドウ科 Begoniaceae       , ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae         
      スイレン科   Nymphaeaceae      ,  スズカケノキ科   Platanaceae        

      スベリヒユ科  Portulacaceae       ,   スミレ科   Violaceae              
      セリ科     Umbelliferae        ,   センダン科   Meliaceae            
      センリョウ科  Chloranthaceae                                      
 
      タデ科     Polygonaceae       ,  ツゲ科      Buxaceae             
      ツチトリモチ科  Balanophoraceae    , ツヅラフジ科   Menispermaceae       
      ツバキ科   Theaceae           ,  ツリフネソウ科  Balsaminaceae        
      ツルムラサキ科  Basellaceae                                      
      トウダイグサ科  Euphorbiaceae     ,  ドクダミ科   Saururaceae           
      トケイソウ科   Passifloraceae      ,  トベラ科    Pittosporaceae         
 ナ
      ナデシコ科   Caryophyllaceae     ,   ニガキ科     Simaroubaceae       
      ニシキギ科  Celastraceae          ,  ニレ科      Ulmaceae           
      ノウゼンハレン科  Tropaeaceae      ,  ノボタン科    Meiastomataceae     
 
      ハスノハギリ科  Hernandiaceae     ,  パパイア科   Caricaceae           
      ハマザクロ科  Sonneratiaceae      ,  バラ科     Rosaceae             
      バンレイシ科  Annonaceae        ,   パンヤ科    Bombacaceae        
      ヒシ科     Trapaceae          ,   ヒメハギ科   Polygalaceae          
      ヒユ科     Amaranthaceae      ,   ビャクダン科   Santalaceae         

      ヒルギ科    Rhizophoraceae     ,   ビワモドキ科  Dilleniaceae           
      フウチョウソウ科  Capparidaceae    ,  フウロソウ科   Geraniaceae         
      ブドウ科    Vitaceae            ,  フトモモ科    Myrtaceae           
      ブナ科      Fagaceae                                          
      ベニノキ科   Bixaceae           ,  ベンケイソウ科   Crassulaceae       
      ホルトノキ科  Elaeocarpaceae      ,  ボロボロノキ科 Olacaceae           
 
      マタタビ科  Actinidiaceae         ,  マツモ科   Ceratophyllaceae         

      マメ科 Leguminosae            ,  マンサク科  Hamamelidaceae         
      ミカン科   Rutaceae            ,  ミズキ科    Cornaceae             
      ミツバウツギ科  Staphyleaceae     ,  ミソハギ科    Lythraceae           
      ミゾハコベ科   Elatinaceae        ,  ムクロジ科  Sapindaceae           
      メギ科   Berberidaceae                                         
      モクマオウモクマオ科  Casuarinaceae   ,  モクレン科     Magnoliaceae        
      モチノキ科   Aquifoliaceae         ,                              
 
      ヤマグマ科  Trochdendraceae      ,  ヤマゴボウ科   Phytolaccaceae      
      ヤマモガシ科  Proteaceae         ,  ヤマモモ科     Myricaceae         
      ヤドリギ科  Loranhtaceae         ,  ヤナギ科     Salicaceae           
      ヤッコソウ科   Rafflesiaceae       ,  ユキノシタ科    Saxifragaceae       
 
      ロウバイ科   Calycanthaceae       ,  ワサビノキ科  Moringaceae         
         

 アサガオ  タンポポ
八重咲き 帰化植物 ムラサキカタバミ 帰化植物 ムラサキカッコウアザミ  ジャスミン  ヒメカクラン すみれ園
グアム島 スペイン石橋 ハワイ日本人学校跡にて

ホウガンノキ


 グアム〜フィリピン経由でアメリカ大陸の植物が日本に影響を与えた               
            例 芋, ゴーヤ, トウモロコシ, ジャガイモ, トウガラシ, 煙草等〜            
                合弁花類 Metachlamydeae
A
   アカテツ科 Sapotaceae             アカネ科 Rubiaceae
   イソマツ科 Plumbaginaceae         イチヤクソウ科 Pyrolaceae
   イワウメ科 Diapensiaceae         イワタバコ科 Gesneriaceae
   ウリ科 Cucurbitaceae            エゴノキ科 Styracaceae
   オオバコ科 Plantaginaceae        オミナエシ科 Valerianaceae
Ka
   ガガイモ科 Asclepiadaceae         カキノキ科 Ebenaceae
   キキョウ科 Campanulaceae   キク科 Compositae
   キツネノマゴ科 Acanthaceae       キョウチクトウ科 Apocynaceae
   クマツヅラ科 Veebenaceae        ゴマ科 Pedaliaceae
   ゴマノハグサ科 Scrophulariaceae
SA
   サクラソウ科 Primulaceae       シソ科 Labiatae
   スイカズラ科 Caprifoliaceae
TA
   タヌキモ科 Lentibulariaceae         ツツジ科 Ericaceae
NA
   ナス科 Solanaceae             ノウゼンカヅラ科 Bignoniaceae
HA
     ハイノキ科 Symplocaceae       ハナシノブ科 Polemoniaceae
     ハマウツボ科 Orobanchaceae    ハマジンチョウ科 Myoporaceae
     ヒルガオ科 Convolvulaceae      フジウツギ科 Loganiaceae
MA
     マツムシソウ科 Dipsacaceae       ムラサキ科 Boraginaceae
     モクセイ科 Oleaceae
YA
     ヤブコウジ科 Mirsinaceae        リンドウ科 Gentianaceae

                  Kiich Maja
   単子葉植物 Monocotyledoneae

A  アヤメ科 Iridaceae   イグサ科 Juncaceae   イネ科 Gramineae   イバラモ科 Najadaceae
   ウキグサ科 Lemnaceae         オモダカ科 Alismataceae
KA ガマ科 Typhaceae    カヤツリグサ科 Cyperaceae     クズウコン科 Marantaceae
SA サトイモ科 Araceae    ショウガ科 Zingiberaceae
TA タコノキ科 Pandanaceae     タヌキアヤメ科 Philydraceae    ダンドク科 Cannaceae
   ツユグサ科 Commelinaceae   トウヅルモドキ科 Flagellariaceae   トチカガミ科 Hydrocharitaceae
NA HA パイナップル科 Bromeliaceae   バショウ科 Musaceae      ハナイ科 Butomaceae
  パナマソウ科 Cyclanthaceae   ヒガンバナ科 Amaryllidaceae ヒナノシャクジソウ科 Burmanniaceae
   ビャクブ科 Roxburghiaceae    ヒルムソロ科 Potamogetonaceae    ホシクサ科 Eriocaulaceae
   ホンゴウソウ科 Triuridaceae
MA ミクリ科 Sparganiaceae        ミズアオイ科 Pontederiaceae
YA ヤシ科 Palmae     ヤマノイモ科 Dioscoreaceae     ユリ科 Liliaceae
RA      ラン科 Orchidaceae

ハーブと薬草栽培の豆知識
        A
アオイ科
   マシュマロウ(ウスベニタチアオイ)咳や胃炎に効果 移植を嫌う。ハーブティー
   コモンマロウ(ウスベニアオイ)多年草
                レモンを加えると青からピンクへと色を変える不思議なハーブティー。
   ローゼル  酒 繊維 カレー粉 着色剤 産地:西アフリカ。
アカザ科
   オカヒジキ(岡鹿尾菜) ガン予防 動脈硬化予防 海岸植物 食用
   テンサイ(デトロイト ダークレット)砂糖の主要原料 原産地:シシリー島 甘味 サラダ用。
アカネ科
   ヤエヤマアオキ(ノニ)Morinda citrifolia 果実は空洞のため漂流する(糸満市米須砂丘に自生)
                               黄色や赤の染料。
アブラナ科 
   カブ(スズナ、カブナ) 漬物 春の七草 、
   ロケットサラダ(ルッコラ) 一年草 カルシウム ビタミンCが多い栽培期間が短い
   クレソン(オランダガラシ) きれいな水に挿すと発根する。
   タイセイ(松藍) 薬草  青 茶系の染料、
   キャベツ 胃潰瘍に効果(ビタミンU) 血液凝固緩和(ビタミンK)
   紅白二十日ダイコン サラダ
   ナズナ(ペンペングサ) 春の七草 薬草、
アマ科
   アマ(亜麻) 亜麻仁油紙(傷の手当) リネン製品 リノリゥーム(天然素材の床材)
            高級織物 ツタンカーメンの手袋 紫花 。
イチヤクソウ科
   イチヤクソウ(一薬草) 利尿剤 
イネ科
   レモングラス タイ料理 エスニック料理 整腸に効果 染料 、
イラクサ科
   ミズナ(水菜) 雌雄異株 茎に水分が多い。
ウコギ科
   トチバニンジン(栃葉人参) 薬用
ウリ科
   ラカンカ 甘味 糖尿病に効果
   ヘチマ(糸瓜 辺知麻 戸瓜) 夏ばてのビタミン剤 繊維。
ウマノスズクサ科
   ウスバサイシン(薄葉細辛) 根は漢方薬。
オトギリソウ科
   テリハボク(ヤラボー) ロウソクの漢方薬。
オミナエシ科
   オミナエシ(女郎花) 秋の七草 黄色の小花。 オトコエシは白花
        KA
カヤツリグサ科
   ハマスゲ(浜菅) 漢方薬(香附子)。
カンナ科
   ショクヨウカンナ 小さい赤、黄花 根の澱粉を水で毒抜きをする 原産地:南米 。
キキョウ科
   ソバナ(蕎麦菜) 山菜。
キク科
   アキノキリンソウ(秋の麒麟草)薬用。
   アーティーチョーク(チョウセンアザミ)蕾みを茹でて料理に利用。
   オケラ(朮) 万葉集ではウケラ 根茎は胃腸薬 若葉は食用。
   オランダセンニチ 葉に辛味 原産地東南アジア カレープラント(エバーラティング)
           カレーの香り 甲虫類が嫌う ドライフラワー ポプリ 料理 園芸 ティー。

   コオニタビラコ (小鬼田平子)春の七草ホトケノザ 水田 ゴマナ(胡麻菜)
   コーンフラワー(ヤグルマギク)料理 園芸 ティー ポプリ ドライフラワー。
   サントリナ(コットンラベンダー)乾燥した土を好むアルカリ性 防虫効果。
   ジャーマンカモミール(黄金食のティー)アブラ虫に注意。
   ステビア 甘味ステビオサイド、モノグルコシール 産地南米。
   レモンマリーゴールド。
   タラゴン(エストラゴン) 苦味 フランス料理。
   チコリ(キクニガナ) アルカリ性の土。
   ツワブキ(石蕗) 食用 薬用。
   ハハコグサ(オギョウ) 春の七草 餅に入れる
   フィーバーフュー(ナツシロギク) ポプリ(防虫) 乾燥気味の土。
   ポットマリーゴールド 南欧州原産 花びら (ピラフの色づけ、ティー)。
   ローマンカモミール 花(カモミールティー)多年草 リンゴの香り。
   ダイヤーズカモミール(コウヤカミツレ) 染色用 多年草 黄色の花。
   タンジー(ヨモギキク) 多年草 防虫。
   カンサイタンポポ(関西蒲公英) 食用 薬用、
   ノニニガナ(野苦菜) ニガナ属、
キツネノマゴ科
   リュウキュウアイ(馬藍) バンラン抗菌作用(ウィルス) うがいや手洗い
   USA海兵隊は虫除けのためジャングル戦で顔に塗る、沖縄の藍染の原料。
キンポウゲ科
   ラークスパー(ヒエンソウ) 虫除け 種は殺虫剤。
クスノキ科
   ゲッケイジュ(ローレル) 葉はベイ・リーフ 挿し木、株分け
クマツヅラ科
   レモンバーベナ(コウスイボク) 葉(精油)。
コショウ科
   ヒハツ 原産地:沖縄県八重山
ゴマ科
   ゴマ(胡麻) クロゴマ シロゴマ キンゴマ 原産地:アフリカ
サトイモ科
   カラスビシャク(半夏)これを売ってへそくりにしていた 薬用、
シソ科
   アニスヒソップ 寒さに強い挿し木で簡単に増やせる 料理 ティー(リラックス)
                                           ポプリ 園芸 耐寒性。
   タイム(タチジャコウソウ) 匍匐タイプは園芸に適す ティ ポプリ 薬用
                                ソース・ケチャプ タイム油・チミアン油 防腐剤。
   イソキジャコウソウ 原産地:佐賀県の伊吹山 香料 。
   ジュウニヒトエ(十二単) 薬用。
   オレガノタイム 寒さと乾燥に強くアルカリ性 イタリヤ・メキシコ料理に使う
                              ティー(リラックス)鉢植えは春に植え替える 園芸。
   パーチョリー フィリピン原産 料理 ティー ポプリ パチョリ油。
   リービングタイム、レモンタイム、カラミント(マウンテンバーム) レッサー 寒さに強い ポプリ 発汗。
   キャットニップ(イヌハッカ) 料理 園芸 ティー ポプリ。
   シソ 薬味 アカ・アオ・アオチリメン・アメリカンカメン・マダラ。
   エゴマ(荏胡麻) 臭いが無い 荏油(灯油) 小鳥の餌 リノリゥーム(素材)。
   ブルーキャツアイ セージ 南ヨーロッパ 酸性の土壌は苦手 暑さ・寒さ・乾燥に強い
   セージサルビア   原産地:イタリー ソース ・ソーセージ・カレー香味料。
   パイナップルセージ(サルビ・エレガンス)メキシコ原産、ボッグ、チエリー。
   ラベンダーセージ。 ロシアンセージ。クラリーセージ(オニサルビア)。
   デスカラーセージ 黒い花。
   メキシカンブッシュセージ(サルビア・レウカンサ)園芸用。
   ラベンダー 北海道で栽培 高級石鹸 化粧品。
   ラバンドラ・ストロチェス ラベンダー油。
バジル類 
   「スイートバジル イタリー料理。  レモンバジル。 ダークオパールバジル。
    レモンバーム(セイヨウヤマハッカ)。
   アフリカンブルーバジル 観賞用として人気がる」
   アニスヒソップ 比較的乾燥気味のアルカリ性の土を好む。
ミント類
   「ミントゴールド(ハッカ)、ハッカ 中国産、レモンミント、チリメンハッカ(オランダハッカ)。
   ハナハッカ 葉は丸く光沢がある。
   マルバハッカ。ヒメハッカ 原産地:日本
   アップルミント。ケンタッキーカーネルミント、カーサーミント、ウッドカラミント、レッサーカラミント
   キャンデイーミント、スペアミント。ペニーロイヤルミ。
   キャトミント 白や薄紫の花 ティー(風邪や不眠に効果) 園芸。
   ブラックペパーミント、パイナップルミント(斑入り)。
   ミドリハッカ スペアミント油 チューインガム
   ペパーミント(セイヨウハッカ) メントール酒 ・タバコ ・歯磨き ・菓子 。
   ニホンハッカ(日本薄荷、テンパク、セト、アカサカ)。」
   フブキバナ 芳香 原産地:南ア 。
   ウィンター・サボリー(ヤマキダエハッカ)  豆・肉料理 。
   サマー・サボリー 。
   スイートマジヨラム(アマヨラナ) 多年草 アルカリ性の土 肉料理 。
   レオノチス(カエンキセワタライオンズイヤー)シソ科 。

   ローズマリー(マンネンロウ) アルカリ土 暑さ・乾燥に強い 。
   オーストラリアローズマリー 、 トスカナブルー 。
   プロストレイト(クリーピング) 。 スプレーアンドアップライト 。

   ウォールジャーマンダー(グランドオーク) 料理 ティー 花壇の縁取り 。
   ベルガモット(タイマツバナ) 苦味 園芸種が多い 乾燥に弱い 。
シナノキ科
   モロヘイヤ 健康食品 カルシウム 。
ショウガ科
   ターメリック(ウコン) カレー粉 。
   ゲットウ(月桃)さんにん 香りと繊維、 南大東島や東村に大型のベトナム産が有る。
スミレ科
   スイートバイオレット樹下など湿り気を好む 、有機質を多く含んだ土で育てる 。
スベリヒユ科
   スベリヒユ 食用 薬用 。
セリ科
   イタリアンパセリ(パセリプレーン)パセリ臭が弱い 乾燥 冷凍保存ができる 。
   ウイキョウ(フェンネル) ソース・カレー・リキュール酒 イノンド 。
   キャラウエイ(ヒメウイキョウ姫茴香) 有機質を多く含んだ土を好む、直蒔き 園芸、ポブリ、
              お菓子やピクルス  種子はハーブティー、スパイス  。
   コリアンダー(コエンドロ)香菜 エスニック料理 移植を嫌う 地中海 。
   スイートフェンネル(アマウイキョウ)   種(ティー・スパイス 利尿効果)
   スープセロリ(キンセイ) ティー 抗菌 鎮静作用 。
   セリ(芹)ミズゼリ 春の七草 ひたし物 。
   チャービル 移植を嫌う 乾燥に弱い フランス料理 。
   ハマボウフウ(浜防風) 刺し身のつま 酢の物 漢方(北沙参) 。
   ボタンボウフウ(牡丹防風) サクナ・長命草   やぎ・アヒル料理に用いる。
   イタリアウイキョウ。 ピンピネラ。

ヒユ科
   ヒユ(ヒーナ?) ナ 菜のつく植物は食べられます  野生 。
ソテツ科
   ソテツ(蘇鉄) 有毒 果実を発酵(アマミ味噌の隠し味) 

           TA
タデ科
   ルバーブ(ショクヨウダイオウ) 栄養豊富な土地(大型になる)風通しをする。
   ソバ(蕎麦) 脳出血を予防する<ルチン>を多く含む、高血圧の予防。
   ムラサキタデ ヤナギタデ の変種 辛味 葉は香辛料として刺し身・日本料理
   ギシギシ(羊蹄) 安眠枕 根は薬草。
   イタドリ 雌雄異株 食用 薬用
ツルナ科
   ツルナ(蔓菜) 便秘の特効薬 海岸植物
トクサ科
   スギナ(杉菜)
ドクダミ科
   ドクダミ(ジュウヤク)十薬
ナス科
   トウガラシ  1493年中南米からヨーロッパへ葉は佃煮に用いる。
ナデシコ科
   ソープワート 石鹸のように良く汚れを落とす。
   ミミナグサ(耳菜草)
   ハコベ(繁縷) 春の七草 小鳥の餌。
ノウゼンハレン科
   ナスタチウム(キンレンカ、イタリアンクレス)一年草 食用 ビタミンC
               HA
バンレイシ科
   イランイラン 原産地:フィリピン 香料の女王 大木になる。
バラ科
   アグリモニー(セイヨウキンミズヒキ) ティー 浴用 アルカリ性乾燥気味。
   サラダバーネット(オランダワレモコウ)。
   レディスマントル(ハゴロモグサ)アルカリ性のやせ地 肌をひきしめる。
   ドッグローズ。ジャパニーズローズ。スイートブライヤーローズ。
   キャベジ・ローズ 小輪。
   ダマスク・ローズ 小輪 コーカサス地方。
ヒガンバナ科(リコリス)
   カンゾウ(甘草) 根は熟睡する効果がある   リコリスは毒を含む。
フウロソウ科
   センテッド・ゼラニュウム(ニオイゼラニュウム 高温多湿が苦手 夏は乾燥ぎみ)
         ローズゼラニュウムが代表的品種。
   ゲラニウム(ゲンノショウコ)民間薬 多年草。
    アップルゼラニュウム。パインゼラニュウム。レモンゼラニュウム(香り品種の親)
フトモモ科
   オールスパイス(ビメント) 雌雄異株 原産地:西インド
ベニノキ
   ベニノキ 食用紅。
             MA
マメ科
   クリムソンクローバー(ストロベリーキャンドル)シャンプー リンス 庭のグランドカバー。
   ノマメ(野豆)沖縄名 シラチー 大豆の原種 食用。
ミカン科
   アサクラザンショウ 兵庫県の朝倉 変種 七味唐辛子 原産地:日本
   ルー(ヘンルーダ) ポプリ防虫効果。
   キハダ(黄膚) 健胃整腸薬(陀羅助) 産地:日本。
   マツカゼソウ(松風草)趣がある 独特のにおい 薬用。
ムラサキ科
    アサクラザンシヨウ刺無し(ハジカミ) スパイス 木の芽(彩り)すりこぎ。
    アルカネット(アルカンナ)料理 ポブリ 高温の過湿に弱い。
    ヘリオトロープ(ニオイムラサキ) 原産地:ペルー・エクアドル
    ボリジ(ルリジシャ)一年草 青い星型の花 ケーキの飾り、乾燥に強い。
    ムラサキ(紫) 白花 万葉集に多く詠まれた 染料 薬用。
モクセイ科                                                              アラビアンジャスミン(マツリカ) ジャスミンティー(リラックス) ポプリ 香水。
    ハゴロモジャスミン つる性 香り、
    オリーブ 違う品種の株(受粉)で実が生る、
            YA
ヤシ科
    クロツグ(マーニ 真仁 まことの薬)ローブ・たわし                              
                    民間薬、切り株にコノハチョウが蜜を吸いに来る。              
ユキノシタ科
    ユキノシタ(雪ノ下) 食用 薬用(耳の民間薬)、
    アマチャ(甘茶) ヒィロズルチン  嗜好料
ユリ科
    ユリ(百合) 鱗茎は食用 戦前はアメリカに輸出した。
    アマナ(甘菜) 鱗茎は食用   薬用                                      
    チャイブス(エゾネギ) 藤色の花 高温と乾燥に弱い アルカリ性の土。                 
    ニラ(韮)白い粉がつく匂いが強い在来種 ギョウザ。                            
    アサツキ(浅葱)薬味                                                
    ノカンゾウ  ヤブカンゾウ(八重 中国原産)                                 
ラン科                                                                  バニラ 朔果は細長く甘い芳果  原産地:中米                              
リンドウ科     
   センブリ(千振)苦い 胃腸薬。                                           

    ↑ 上へ ↑  Kiich Maja