観葉植物

沖縄のカブトムシ・クワガタなど昆虫

〜INSECT Okinawa〜
沖縄の図鑑トップへ
野鳥トップページ 
植物販売ショップ
サイトマップ
植物総合掲示板


野鳥の検索にはこちらで探すのがとっても便利で早い!↓↓↓




>>植物写真図鑑トップへ            >>植物総合掲示板

沖縄の昆虫写真図鑑





             沖縄の昆虫U  昆虫サイトVへ
  Back動物へ  蝶々と蛾のサイトへ  沖縄の昆虫Tへ
           昆虫綱Insecta/有翅昆虫亜綱 Pterygota
鞘翅目(甲虫目) Coleoptera
コメツキムシ科 Elateridae

オオヒゲコメツキ亜科

アマミヒゲコメツキ

宝ダニの寄生

アマミヒゲコメツキ
Oxynopterinae

最上部へ戻る



最上部へ戻る


カブトムシとは
カブトムシ(甲虫、兜虫)とは、コウチュウ目(鞘翅目)・コガネムシ科・カブトムシ亜科・真性カブトムシ族に分類される昆虫の種の標準和名。より広義にはカブトムシ亜科 (Dynastinae) に分類される昆虫の総称。 大型の甲虫で、成虫は夏に発生し、とりわけ子供達の人気の的となる。サビカブト属(Allomyrina)から独立した。


カブトムシの特徴
「昆虫の王様」とも呼ばれ、クワガタムシと並び人気の高い昆虫である。体長はオス30-54ミリメートル(角を除く)、メス30-52ミリメートルほどである。かつては日本最大の甲虫とされていたが、1983年に沖縄本島でヤンバルテナガコガネが発見され、その座を失った。
オスの頭部には大きな角があり、さらに胸部にも小さな角がある。この角は外骨格の一部が発達したもので、餌場やメスの奪い合いの際に使用される。ただし、角の大きさには個体差があり、体格に比例して連続変化を示す。これは幼虫時の栄養状態の優劣により決定される。クワガタムシの一部の種のような非連続変異やコーカサスオオカブトのような体格に比例しない長短変異は示さない。


以上、ウィキペディア参照



最上部へ戻る


サビキコリ亜科 Pyrophorinae

ムナビロサビキコリAgrypnus cordicollis コメツキ亜科 24mm オオナガコメツキ Elater sieboldi
オオナガコメツキ Elater sieboldi

ウバタマコメツキ

ウバタマコメツキ
ウバタマコメツキ

ウバタマコメツキ
ウバタマコメツキ
アカアシオオクシコメツキ Melanotus cete

Melanotus cete
15-19mm

クシコメツキ クシコメツキ亜科

クロヘリツヤコメツキ コメツキムシ科
最上部へ戻る


最上部へ戻る


ヒメオビオオキノコ の仲間 オオキノコムシ科

ヒメオビオオキノコに近い オオキノコムシ科

   タマムシ科


ミドリナガボソタマムシ



最上部へ戻る




  クワガタムシ科
オキナワノコギリクワガタ P.dissimilis okinawanus
♀メス


オキナワノコギリクワガタ

亜種
♂オス



最上部へ戻る



オキナワヒラタクワガタ Dorcus titanus okinawanus
オキナワヒラタクワガタ Dorcus titanus okinawanus


最上部へ戻る



最上部へ戻る



リュウキュウコクワガタ Macrodocas okinawanus okinawanus Nomura, 1964
リュウキュウコクワガタ
リュウキュウコクワガタ Macrodocas okinawanus

クワガタムシ科 チビクワガタ属

マメクワガタ Figulus punctatus  Figulus punctatus マメクワガタ

クワガタムシ科
最上部へ戻る


最上部へ戻る



沖縄本島のクワガタ コガネムシ科
「 オキナワヒラタクワガタ Dorcus titanus okinawanus . オキナワノコギリクワガタ Prosopocoilus dissimilis okinawanus .
オキナワネブトクワガタ Aegus laevicollis nakanei . オキナワマルバネクワガタ Neolucanus okinawanus .
リュウキュウコクワガタ Dorcus amamianus nomurai . ルイスツノヒョウタンクワガタ Nigidius lewisi . マメクワガタ Figulus punctatus .  」

   コガネムシ科
オキナワカブトムシAllomyrina dichotoma takarai

オキナワカブトムシ  Allomyrina dichotoma takarai

オキナワカブトムシ

Allomyrina dichotoma takarai
最上部へ戻る



最上部へ戻る



タイワンカブトムシ Oryctes ( Macroryctes) rhinoceros
帰化動物 ヤシ科の害虫 タイワンカブトムシ
タイワンカブトムシ Oryctes ( Macroryctes) rhinoceros


カブトムシの飼育についての注意点

分布地域・採集のポイント・テクニックのヒント
標高1500m以下の山地?平地の広葉樹林に生息する。とりわけ江戸時代から農耕利用目的で全国的に育てられてきた落葉樹の二次林に多い。本州以南から沖縄本島まで分布し、日本以外にも朝鮮半島、中国、台湾、インドシナ半島まで分布する。北海道には人為的に定着したものといわれている。
カブトムシはおもに広葉樹樹幹の垂直面で活動し、付節先端の爪のみが樹皮上での占位に使用される。闘争に際しては相手をテコの原理で樹皮から剥がして投げ飛ばし、執拗な追跡や殺傷を行わない。比較的水平に伸びた太枝や大型草本上で活動する東南アジアのコーカサスオオカブトや、南米のヘラクレスオオカブト等とは、この点で大きく異なる。これらの海外種は飼育容器内でしばしばメスも執拗に攻め立て殺してしまうことがある。このような(日本の)カブトムシの勝敗決定は、飼育環境下でも明解である。 ただし狭い飼育ケース内でのオス同士の格闘では、胸部と腹部の間に角をこじ入れられ、一瞬にして切断されてしまうことがあるので注意が必要である。


成虫は口に艶のある褐色の毛が密生していて、これに毛細管現象で樹液を染み込ませ、舐めとるようにしながら吸う。クヌギ、コナラ、ミズナラ、カシ、クリ、地域によってはサイカチやヤナギ、ライラックなどの樹液に集まり、これを吸汁(後食)する。但し、カブトムシの角や口に木の幹を傷つける能力はなく自力で餌場を作ることはない。カミキリムシやボクトウガの幼虫など他の昆虫が樹皮を傷つけ、そこから浸出してくる樹液を吸う。樹液を餌とする昆虫は他にもクワガタムシ、スズメバチ、カナブン、チョウ、ガ、ハエ、アリなどが数多くいる。カブトムシはその体格と防御力から、餌場を巡る競争において良い場所を独占しやすい。

基本的に夜行性で、昼間は樹木の根元、腐植土や枯葉の下などで休み、夕暮れとともに起きだして餌場まで飛んでいく。夜明け前には再び地面に潜り込むが、餌場争いに負けたなど、何らかの理由で夜間餌にありつけなかった場合は昼になっても木の幹に留まっていることがある。


カブトムシの成虫はクヌギ、コナラなどの樹液を餌にする。昼のうちにこれらの樹皮が傷つき樹液が染み出している箇所を見つけておき、夜から朝方にかけてそこに行くと、カブトムシが樹液をなめているところを捕まえることができる。見つけた樹木に蜂蜜や黒砂糖を煮詰めた汁などを塗っておくと効率良く集めることができるとされるが、実際カブトムシは樹液の糖分が樹皮の酵母や細菌によって発酵した産物であるエタノール(エチルアルコール)や酢酸などの匂いを頼りに餌場を探すので、酒や酢などを樹木に塗布する方法が良いとされる。このような液体人工餌を樹木に塗る採集法は1970 - 80年代の児童向け書籍などによく記されていたものだが、流れ落ちたり乾燥してしまい効力を発揮する時間は長くはない。ほかに、ペットボトルなどを切り抜いて造った容器に大量にそれらを注いで樹木にぶらさげたり、焼酎に砂糖を溶かした液に、皮をむいたバナナを漬け、2・3時間置いた物をストッキング等の網状の袋に入れて木にぶら下げておく、傷んだ果物を置いておくなどの方法もある。なお、成虫が集まる餌場は、スズメバチなどの他の昆虫の餌場でもある。日中はスズメバチが集まるため危険を伴う。このため、夜から明け方に掛けての採取が望ましい。


高温多湿かつ無風で月が出ていない夜は特に飛来個体が多くなる。


一方、幼虫は林内や林近くの腐植土、キノコ栽培後の廃ホダ捨て場、あるいは農家が作成している堆肥を掘り返すと出てくる。春の早いうちならば大きな3齢幼虫がいるので、幼虫を傷つけないよう注意しながら腐植土を掘り進めれば採取できる。カブトムシの幼虫の見分け方としては、大きなアゴ、頭のすぐ近くに足が生えていること、体の両脇には9つの気門、全体に細かい毛が生えている、頭が真っ黒なこと、などで見分けることが出来る。


以上、ウィキペディア参照



最上部へ戻る

オキナワシロスジコガネPlyphylla schoenfeldti Brenske

オキナワシロスジコガネ Plyphylla schoenfeldti Brenske




最上部へ戻る




ビロウドコガネMaladera japonica
8-9mm

コフキコガネ亜科

オキナワセマダラコガネ
オキナワセマダラコガネ



最上部へ戻る



リュウキュウツヤハナムグリ
リュウキュウツヤハナムグリ リュウキュウツヤハナムグリ



最上部へ戻る



リュウキュウドウガネ Anomala
リュウキュウドウガネ Anomala
Anomala

リュウキュウドウガネ



最上部へ戻る



シロテンハナムグリ Protaetia orientaris ハナムグリ亜科 Cetoniae
シロテンハナムグリ Protaetia orientaris 20-25mm
Protaetia orientaris



最上部へ戻る



リュウキュウカンショコガネ Apogonia bicavata
リュウキュウカンショコガネ Apogonia bicavata



最上部へ戻る



ケブカアカチャコガネ
ケブカアカチャコガネ



最上部へ戻る



リュウキュウクロコガネ Holotrichia loochooana .

リュウキュウクロコガネ

Holotrichia loochooana .





最上部へ戻る






最上部へ戻る



ドウガネブイブイ Anomala cuprea
ドウガネブイブイ
コガネムシ科
スジコガネ亜科  18-24mm
最上部へ戻る



最上部へ戻る



コガネムシ科

ヒラタアオコガネ Anomala octiescostata

Anomala octiescostata ヒラタアオコガネ コガネムシ科



最上部へ戻る



ヒメニシキキマワリモドキ
ヒメニシキキマワリモドキ



ニジマルキマワリ



最上部へ戻る



ヤンバルテナガコガネ Cheirotonus jambar コガネムシ科
1984年に新種として記載された日本最大の甲虫 絶滅危惧I類(CR+EN)
固有種:国指定天然記念物 ( 希少昆虫の人工繁殖・増殖と保護 に期待する )
捕獲の禁止(違反すると、懲役か罰金が科される)
「日本生態学会は、ヘリパッド建設が学術的価値の極めて高い森林と生物相を撹乱・破壊する事業であることを憂慮し、建設予定地の見直しを要望しています。
ヤンバルテナガコガネは海兵隊北部訓練場以外では生育場所がほとんどなく、絶滅が最も危惧されている種です。」


ヤンバルテナガコガネ Cheirotonus jambar コガネムシ科
国頭村辺野喜
屍の画像
ダムの道路上
8月



最上部へ戻る




     テナガコガネの仲間 (熱帯雨林の大木に棲む昆虫 )
インドネシア半島 ・中国四川省・江西省 キベリテナガコガネ C. jansoni Jordan
                     台湾 タイワンテナガコガネ C. maclayi Hope )
                     西表 テナガコガネの生息地?未発見・・・・

 「 大木の伐採の禁止がヤンバルテナガコガネの自然繁殖につながる 」

 アリガタハネカクシ科 Paederus fuscipes
 幼虫 アオバアリガタハネカクシ カブトムシ亜目 アリガタハネカクシ科 沖縄北部タイプ
アリガタハネカクシ亜科 Paederus fuscipes?



最上部へ戻る



 テントウムシ科

ダンダラテントウ

ダンダラテントウ
北米 帰化動物

ハイイロテントウ

ハイイロテントウ
害虫(草食)

ニジュウヤホシテントウ

ニジュウヤホシテントウ




最上部へ戻る



フタイロウリハムシ
フタイロウリハムシ フタイロウリハムシ




最上部へ戻る




ウリハムシ Aulacophora femoralis
ウリ類の害虫



最上部へ戻る



 ハムシ科
Chrysomelidae ヒゲナガハムシ亜科

オキナワイチモンジハムシ
ハムシの仲間

カメノコハムシ亜科   

イチモンジカメノコハムシ カメノコハムシ亜科 イチモンジカメノコハムシ タテスジヒメジンガサハムシ
ヨツモンカメノコハムシ

ヨツモンカメノコハムシ

ヨツモンカメノコハムシ
最上部へ戻る




最上部へ戻る



オキナワウメノカミキリモドキ Nacerdes (Xanthochroa) umenoi okinawensis (Chujo et Sato 1972)
オキナワウメノカミキリモドキ
オキナワウメノカミキリモドキ 最上部へ戻る



最上部へ戻る




ジョウカイボン科
アマミアオジョウカイ アマミアオジョウカイ ジョウカイボン科

オサムシ科  動物死骸に集まる

アトモンアオゴミムシ
アトモンアオゴミムシ



最上部へ戻る


アオゴミムシ亜科
オオアトボシアオゴミムシ オオミイデラゴミムシ Pheropsophus javanus Pheropsophus javanus オオミイデラゴミムシ



最上部へ戻る



ミイデラゴミムシ Pheropsophus jessoensis . オサムシ亜目 ホソクビゴミムシ科
ミイデラゴミムシ
Pheropsophus jessoensis




最上部へ戻る



オサムシ科

オキナワユミアシゴミムシダマシ
Promethis okinawana  固有種 オキナワユミアシゴミムシダマシ Platynus okinawana

ナガヒョウタンゴミムシ

ナガヒョウタンゴミムシ

ナガヒョウタンゴミムシ

ヒョウタンゴミムシ亜科

ナガヒョウタンゴミムシ

ウルマクロハムシダマシ

オオスナハラゴミムシ Diplocheila zeelandica

オオスナハラゴミムシ Diplocheila zeelandica
?





最上部へ戻る



ヒラタムシの仲間 オサムシ科 ナガゴミムシ亜科




最上部へ戻る




    イブシキマワリ ゴミムシダマシ科  キマワリ亜科

イブシキマワリ 亜種
オキナワカラカネキマワリ
ゴミムシダマシ科
イブシキマワリ
最上部へ戻る

ハンミョウ科


リュウキュウヒメハンミョウ

Cylindera humerula

リュウキュウヒメハンミョウ Cylindera humerula

Cylindera humerula

リュウキュウヒメハンミョウ Cylindera humerula

ナミハンミョウCicindela chinensis japonica

Cicindela chinensis japonica

ナミハンミョウ
川辺に多い

オキナワハンミョウ 亜種
最上部へ戻る




最上部へ戻る


最上部へ戻る

   ベニボタル科


オオシマカクムネベニボタル
最上部へ戻る

      ホタル科
  クシヒゲボタル亜科



最上部へ戻る



      シブイロヒゲボタル Stenocladius flavipennis Kawashima, 1999 久米島 、
      キベリヒゲボタル Stenocladius yoshikawai Nakane, 1981
      アマミヒゲボタル  Stenocladius yoshimasai Kawashima, 1999.

 マドボタル亜科
     オオシママドボタル 宮古島 、 オキナワマドボタル 本島 、
     サキシママドボタル 石垣・西表島 、クメジママドホタル亜種 久米島 、
     ナツミオバボタル 西表島 、スジグロオバボタル亜種 奄美大島 、

 ホタル亜科Subfamily Luciolinae
   ホタル族
    クメジマボタル uciola owadai M. Sato^ et Kimura, 1994 久米島 、
    クロイワホタル 沖縄本島 、ヤエヤマヒメホタル 石垣・西表島 、
   キイロスジボタル 奄美大島 ・石垣 、オキナワスジボタル 本島 ・沖永良部島 、

クロイワホタル
オキナワアオバホソハムシ ハムシ科


最上部へ戻る


   ミナミボタル族
     アマミミナミボタル 奄美大島 、オオバヤシミナミボタル 石垣島 、
     アカミナミボタル 奄美大島 、  トクノシマミナミボタル徳之島 、

  イリオモテボタル科
     イリオモテホタル Rhagophthalmus ohbai Wittmer, 1994 、

   (↑甲虫目↑)
           ⇒昆虫Vへ

 蝶々のサイトへ  蛾のサイトへ  トンボ・直翅目のサイトへ 



最上部へ戻る

便利なサイト

沖縄県那覇市内の格安ホテル情報  /  沖縄の観光・ホテル情報  /  沖縄の植物写真画像掲示板  /  

沖縄離島の観光ホテル情報  /  沖縄で仕事探し・転職・求職情報  /  沖縄のニュース・社会問題・経済

沖縄のランチバイキング情報  /  沖縄の人気美容室・美容院  /  沖縄のアパート賃貸情報

沖縄のお稽古事・習い事  /  沖縄の保育園・学童のクチコミ情報  /  沖縄の人気観光スポットガイド

沖縄で比較マネープラン  /  沖縄の病院・医院のクチコミ情報  /  沖縄の花園芸・観葉植物・ガーデニング

沖縄の車検工場と修理屋さん  /  沖縄で移住生活・田舎暮らし  /  沖縄のパン屋さん口コミ情報

Copyright (C) 化石博士への近道・管理人眞謝, All Rights Reserved.