観葉植物

木陰・日陰の植物のおすすめ園芸品種

〜Plant Okinawa〜
沖縄の図鑑トップへ
植物トップページ 
植物販売ショップ
サイトマップ
植物総合掲示板



植物の検索にはこちらで探すのがとっても便利で早い!↓↓↓




>>植物写真図鑑トップへ            >>植物総合掲示板

木陰・日陰の植物(沖縄・日本・外国産)の品種と育て方と写真図鑑






マンションやアパートのベランダで日陰が多い場所でもそのような場所を好む植物が多く花や植物を楽しむ事が出来る。

また、庭の塀や建物の側などにも適した植物はたくさんあります。

多様な品種を選び理想的なベランダ庭園やお庭造りをするのもお勧めですよ。

園芸屋さんで相談するのもいいですが、こちらで質問してみるのもいいかもしれません↓↓↓

         >>日陰の植物質問・相談総合掲示板

また、園芸上級者に好まれる斑入りの植物は直射日光を避けた方が楽しめるので日陰を研究するのもいいかもしれません。







白玉蔓 斑入り シラタマカズラ  サクララン
 ヒギリ 中国  緋桐 帰化
サダソウ



日陰の特徴・特性を把握して植物を楽しもう!
西日なのか朝日が当たるのか
北側か南側か
風通しがよいのか悪いのか
周りの環境など(ビル・マンションが多い)
地域的な環境(雨が多い・温度が高い・紫外線が多いなど)
育て方:室内で育て 朝または夕方に日が当たるなど(観葉植物用)
寒さに強い植物なのか暑さに強い植物なのか
鉢植えなのか地植えなのか?
そばに大きな木があって木陰になるのか?

他にはスペース的にも考えて余裕をもたないといけません。
ベランダで育てていたらあっという間に大きくなるなどで困ってしまう事を避けましょう。

また、色・カラーで選ぶのもいいかもしれません。




最上部へ戻る





日陰の庭木に最適 高くなっても平気

アオキ(ミズキ科)2〜8m
アスナロ7〜10m
カクレミノ(ウコギ科)高さ6m〜8m 苗木は高価である。
コウヤマキ5m〜12m(但し成長が遅いていうか遅すぎる・・・)その為か、高級な樹として重宝されている。
ソヨゴ(モチノキ科)5m高級な樹木
ツバキ(ツバキ科)10m〜20m


オオヤマレンゲ(モクレン科)4〜7m 寒い地方で人気(オリ)
カエデ(カエデ科) モミジ(紅葉、椛)とも呼ばれる。一般に高木になる。落葉樹が多い。沖縄に自生するクスノハカエデは常緑樹もある。
カシワノキ(ブナ科)3m〜5m 縁起物 冬の風よけに便利
サンシュユ(ミズキ科)3m〜15m 解熱作用・止血など漢方薬にもなる。
ヒイラギ(モクセイ科)常緑小高木  成木で高さは約2m
ホオノキ(モクレン科) 樹高30m
葉は芳香があり、殺菌作用があるため食材を包んで、朴葉寿司、朴葉餅などに使われる。また、落ち葉となった後も、比較的火に強いため味噌や他の食材をのせて焼く朴葉味噌、朴葉焼きといった郷土料理の材料として利用される。

ヤマボウシ(ミズキ科) 高さ5m〜10m 果実は食用になる。果実酒にも適する
花・果実・紅葉と3回楽しめるので、庭木にも最適である。飽きたら材は器具材として用いられる。


ヤドリフカノキ(ウコギ科)2m〜12m
シェフレラは、本来はシェフレラ属(Schefflera)の総称であるが、日本では園芸分野で本種の呼称として使われることも多い



ラカンマキ(マキ科)高さ20m程のイヌマキの変種  生け垣に利用される。成長が遅いので一旦成長すれば手入れが楽であるのも人気。
イヌマキは庭木や防風林としてよく植栽される。


カツラ(カツラ科)高さ 30mほどまで成長する。 人気な樹木



最上部へ戻る




日陰の庭に最適な植物 適度な高さ
ビナンカズラ(モクレン科)常緑つる性低木
ナンテン(メギ科)常緑低木 通常2m  高いもので4〜5m
センリョウ(センリョウ科)常緑小低木  (樹高・木の高さ)50cm〜100cm
ヤツデ(ウコギ科)1m〜2m



アジサイ(アジサイ科)1m〜2m
アセビ(ツツジ科)低木 1〜3m
アベリア(スイカズラ科)常緑低木 50cm〜2m  植物の塀に人気
人気ウツギ(アジサイ科)50cm〜3m 生け垣・観賞用
ハナイカダ(ミズキ科)木の高さは2mほど。 落葉低木
カルミア属(ツツジ科)20cm〜5m
シモツケ(バラ科)1m程  耐寒性が強い 育てやすい
シマトネリコ(モクセイ科) 常緑高木または半常緑高木  関東以南でないと越冬は難しい(困難)
ジンチョウゲ(ジンチョウゲ科) 常緑低木 2月末〜3月に開花 芳香がある
シャクナゲ(ツツジ科)低木  
ニシキギ(ニシキギ科) 落葉低木  盆栽の愛好家にも人気 。紅葉が見事で、モミジ・スズランノキと共に世界三大紅葉樹に数えられる。耐寒性がある
ヤマブキ(バラ科)落葉低木 背丈・高さは1m〜1.5m 高くても2m程  耐寒性が強い
トクサ(トクサ科)1m
マングーカズラ(サトイモ科)常緑つる性多年草 鉢植えにおすすめ
オスモキシロン(ウコギ科)約2.5mほど 原産地 インドネシア
--------------------------
クテナンテ属(クズウコン科)
葉の色や模様が特徴的な種が多いため、観葉植物として栽培されている。代表的な品種には『オッペンハイミアナ』『クメリアーナ』『ルベルシアナ』などがある。
育て方特徴:湿度を好むため、葉に霧吹きなどで水を与えると効果的。乾燥に注意すれば、一年中、室内で栽培することが可能。
室内の観葉植物としておすすめ
耐陰性は強いが耐寒性はなく、気温10度前後を保ち越冬させる。
-------------------------
サラシナショウマ(キンボウゲ科)多年生草本  若菜は山菜として食する事ができる。 生薬にもなる。
ヘデラ属(アイビー)(ウコギ科)耐寒性がある。







最上部へ戻る








日陰の庭に最適な植物  低く育って欲しい

ギボウシ(ユリ科)20cm〜80cm

ツルマサキ(ニシキギ科)常緑つる性木本

テイカカズラ(キョウチクトウ科)つる性常緑低木観賞用に栽培もされる。栽培品種にハツユキカズラ(斑入り)、ゴシキカズラ(葉が赤みがかっている)などがある。

マイズルソウ(スズラン科)ユリ科 高さ10cm程  グランドカバーに適している。

キランソウ属(シソ科)ラテン名のアジュガ(Ajuga)で呼ばれる事が多い。

オモト(スズラン科)常緑多年草 高さ40cm  観葉植物としても鉢植えで栽培される。

カロライナジャスミン(マチン科) 常緑つる性低木

キチジョウソウ(ユリ科(APG植物分類体系ではスズラン科))常緑多年草  花が咲くと縁起がよいといわれるので、吉祥草の名がある。

フシグロセンノウ(ナデシコ科)花期は夏〜秋 多年草

ササ(イネ科)この群には大きく三つの植物がある。タケ・ササ・バンブーである。

ジャノヒゲ(ユリ科)高さ10cm程(APG植物分類体系ではスズラン科)の常緑多年草。リュウノヒゲ(竜の髯)ともいう。 グラウンドカバーによく利用される。

ヒマラヤユキノシタ(ユキノシタ科)常緑多年草 耐寒性が高く育てやすい。

タカワラビ(ワラビ科)

フッキソウ(ツゲ科)常緑小低木 グラウンドカバーとしてよく栽培される。

-------------------------

ホウライシダ属
鑑賞価値が高いものが多く、一部は観葉植物として栽培されている。園芸種は、たいてい学名仮名書でアジアンタムと呼称される。
-------------------------

ドクダミ(ドクダミ科) 鉢植えにおすすめ  飽きたら天ぷらにして食用にできる。

ヤブラン (ユリ科)高さ約20cm(最新のAPG植物分類体系ではスズラン科)別名リリオペ、サマームスカリ グラウンドカバーとして人気

カンアオイ(ウマノスズグサ科)多年草、地面を匍匐する。 生育環境:山地や森林の林床に生育する。


シュウカイドウ(シュウカイドウ科)草丈 70cm 前後に生長 多年生草本球根植物
日本に江戸時代初期に園芸用に持ち込まれた帰化植物




ヒメアンスリウム(サトイモ科)

クサントソマ・リンデニイ(サトイモ科)別名キサントソーマ 外国産・原産地コロンビア 鉢植えおすすめ

ローズマリー(シソ科)常緑性低木  生葉もしくは乾燥葉を香辛料として用いる。また精油は薬にも用いられる。花も可食。様々な品種がある。

ホトトギス属(ユリ科)多年生草本 崖や傾斜地などの、日当たりの弱いところに自生する。

ティアレラ(ユキノシタ科)多年草 芳香


---------------------------------------------------------
インパチェンス(ツリフネソウ科)別名、アフリカホウセンカ。花を観賞する園芸植物である。インパチエンスとも。
開花期間が長く、初夏から秋にかけての夏の花壇材料として利用される。また日陰でも花を咲かせるので、日陰のガーデニングでは重宝される。
育て方情報
ホウセンカはこぼれ種で増えるほど丈夫な草花であるが、インパティエンスは、原産地が高冷地であるために高温多湿に弱く、近年日本の気候にあう丈夫な品種が出てきたものの、東京より暖かい(暑い)地方では育てにくい。
-----------------------------------------------------------

ウメイギク(キンボウゲ科)多年草 別名、キブネギク(貴船菊)。品種が多く栽培されて名称の混乱が見られる。
ツル


ツワブキ(キク科)多年草 草丈は50cm程度グラウンドカバーによく利用される
日陰でもよく育ち、園芸植物として、日本庭園の石組みや木の根元などに好まれる。斑入りの葉を持つものもある。

民間薬(生薬名たくご)として、茎と葉を打撲や火傷に用いる。

パンドラ(別名センニンカズラ)草丈 つる性 サトイモ科  原産地ブラジル 

最上部へ戻る

便利なサイト

沖縄県那覇市内の格安ホテル情報  /  沖縄の観光・ホテル情報  /  沖縄の植物写真画像掲示板  /  

沖縄離島の観光ホテル情報  /  沖縄で仕事探し・転職・求職情報  /  沖縄のニュース・社会問題・経済

沖縄のランチバイキング情報  /  沖縄の人気美容室・美容院  /  沖縄のアパート賃貸情報

沖縄のお稽古事・習い事  /  沖縄の保育園・学童のクチコミ情報  /  沖縄の人気観光スポットガイド

沖縄で比較マネープラン  /  沖縄の病院・医院のクチコミ情報  /  沖縄の花園芸・観葉植物・ガーデニング

沖縄の車検工場と修理屋さん  /  沖縄で移住生活・田舎暮らし  /  沖縄のパン屋さん口コミ情報

Copyright (C) 化石博士への近道・管理人眞謝, All Rights Reserved.