観葉植物

沖縄のきのこ類写真図鑑と育て方

〜Plant Okinawa〜
沖縄の図鑑トップへ
植物トップページ 
植物販売ショップ
サイトマップ
植物総合掲示板



植物の検索にはこちらで探すのがとっても便利で早い!↓↓↓




>>植物写真図鑑トップへ            >>植物総合掲示板

※ウィキペディアを主に参照


きのこに関する質問や相談はこちらの掲示板が便利↓↓↓
          >>きのこの質問や相談など総合掲示板


食用キノコと毒性キノコの一覧表は最下部にありますが、危険な食用物ですのでさらなる情報提供をいただけたら幸いです。
よく見ている上の掲示板にて書き込みをお願いします。

毒キノコの見分け方・食中毒報告例・類似・似たもの

さまざまなキノコが食用となる一方で、毒キノコも数多く存在する。致命的な毒を持つドクツルタケ、シロタマゴテングタケ、フクロツルタケ、ニセクロハツ、ドクヤマドリ、カエンタケなどから、中程度の毒を持ち神経系に異常をきたすテングタケ、ベニテングタケ、オオワライタケや、胃腸系に障害をきたすカキシメジ、イッポンシメジなどが知られている。毒キノコの毒の成分にはアマトキシン類、ムスカリン、イボテン酸、コプリン、イルジンなどがある。

毒キノコによる中毒の症状は様々である。摂取すると、嘔吐、腹痛、下痢、痙攣、昏睡、幻覚などの症状を生じ、最悪の場合死に至る。長期にわたる体の麻痺を生じるようなキノコもある。変わったところでは、アルコールと一緒に食べると中毒を引き起こすものもある。

毒キノコの中には食用キノコと非常によく似たものがある。また、いくら毒性が弱くても体調によっては深刻な症状となることもある(ツキヨタケのような比較的弱い毒キノコでも中毒死した例はある)。自然界には毒性の不明なキノコが多数存在し、さらに、一般には毒性がないとされる種であっても生育地域によっては毒性を持つ可能性がある。スギヒラタケは従来食用とされていたが、2004年に突如食中毒例が報告された。

キノコの同定の経験に乏しい人が野生のキノコを食べるのは非常に危険である。食用キノコか否かを簡単な基準で見分ける方法は(実際に食べてみるというのを除けば)知られていない。また、無毒とされてきたきのこが変異または環境の変化などにより毒をもつ例もある。

食用か毒かを判断するには、そのキノコの種、さらにはどの地域個体群に属するかまでの同定結果に基づくべきである。また、実際に起きているキノコによる中毒の多くは、既に毒であることが知られたキノコによるものであることをわきまえる必要があろう。キノコ中毒を未然に防止するためには公の機関によるさらなる啓蒙が必要である。





 笠の形や表面 つばの形や柄の付き方と表面 つぼの形 朽木の種類 等が分類の決め手
アラゲキクラゲ シロキクラゲ科

  食用
エダウチホコリタケ Dendrosphaera eberhardti Pat エダウチホコリタケ科 エダウチホコリタケモドキ属







エダウチホコリタケ Dendrosphaera eberhardti Pat
8月
1属1科






きのこ類の生産量(林野庁ホームページ参照)

 ・乾しいたけ(平成20年度の生産量は3,867トン  対前年比9%の増加)
   主な生産地・名産地: 大分県・宮崎県・熊本県
乾しいたけは、森林内等においてコナラ・クヌギ等を用いた原木栽培で生産されているため、気温、降雨等の気象条件によって生産量が大きく左右されます。
過去の最大生産量は約16,700トン  年間消費量は大体 13,000トン程度




 ・生しいたけ(平成20年度の生産量は70,342トン 対前年比で5%の増加)
   主な生産地・名産地  原木栽培では群馬県・茨城県   菌床栽培では徳島県・北海道・岩手県
生しいたけは、乾しいたけと同じく森林内で行う原木栽培が主流でしたが、最近は原木に比べて扱いやすい菌床栽培(おが粉等をブロック状に固めたものに種菌を接種し、きのこを栽培する方法)が急速に普及している。
近年、床栽培比率が増加している。(約79%)
過去の最大生産量は約82,700トン  年間消費量は大体100,000トン前後



  ・なめこ(平成20年度の生産量は25,945トン 対前年比1%の増加)
    主な生産地 生産量日本一の長野県、以降は新潟県・山形県
なめこは、古くから森林内で原木による栽培が行われてきましたが、現在は空調施設を活用した菌床栽培がほとんどを占めている。
なめこの最大生産量は約27,000トンで年間消費量とほぼ同等である。
生産が追いついていないとい現象が起きている。



  ・えのきたけ(平成20年度の生産量は131,107トン 対前年比1%増加)
    主な生産地は 長野県・新潟県・福岡県
えのきたけは、きのこ類の中でも生産量が最も多く、鍋料理には欠かせない食材となっています。


  ・ひらたけ(平成20年度の生産量は2,578トン  対前年比15%減少)
    主な生産地・名産地は 茨城県・新潟県・長崎県
ひらたけは、しいたけやなめこと同じく古くから栽培されていますが、他のきのことの競合により、近年生産量が大きく減少しています。
また、年間消費量が年々減少されてきて食べられなくなっているのも原因ともいえる。


  ・ぶなしめじ(平成20年度の生産量は108,104トン 対前年比1%減少)
    主な生産地・名産地は 長野県・新潟県・福岡県
ぶなしめじは、使いやすさ等から消費者に受け入れられ、近年、生産量が伸びてきました。また、大手企業の参入などで競争が激しいきのこです。
年間生産量と年間消費量が同等ともいえ、人気のきのこといえる。



  ・まいたけ(平成20年度の生産量は43,398トン 対前年比1%減少)
    主な生産地・名産地は 新潟県(全国のシェア約60%を占めている)・静岡県・福岡県
まいたけは、菌床による栽培法が確立されてから、大手企業の参入もあり生産量は伸び、ここ数年は4万6千トン前後で推移している。


  ・エリンギ(平成20年度の生産量は38,214トン 前年並み)
    主な生産地・名産地は 新潟県・長野県・群馬県
エリンギは、地中海沿岸を原産とするきのこで、くせがない、歯ごたえがよい等の食感から和洋中どの料理にも合い、消費者に受け入れられたことから、大手企業等の参入により生産量が飛躍的に伸びている。



  ・まつたけ(平成20年度の生産量は71トン  対前年比は39%増加)
    主な生産県は 長野県・岡山県・広島県
    但し、国内消費量の95%が輸入品が独占。その輸入元の大半が中国からの輸入品です。
    過去最大の生産量が約6,500トン


その他のきのことしては、最近栽培技術が確立され生産が伸びてきたものや、今後伸びが期待される「やまぶしたけ」、「はたけしめじ」、「たもぎたけ」や「ほんしめじ」等があるようです。





最上部へ戻る



ニオウシメジ Trichoroma giganteum  キシメジ科

食用仁王しめじ ニオウシメジ 巨大 名護市原野 6月 Trichoroma giganteum

カラキシメジ キシメジ科 苦く辛い 毒

12月 カラキシメジ

チチダケ L.volemus  

チチダケL.volemus 乳茸を割ると乳液が出るのは食用 与那覇岳九合目に多い

アヤメイグチ オニイグチ科

アヤメイグチ

キコブタケ タバコウロコタケ科

12月 朽木上 キコブタケ

キチチダケ ベニタケ科

キチチダケ ベニタケ科 6月 朽木上

コフキサルノコシカケ マンネンタケ科

コフキサルノコシカケ マンネンタケ科 朽木上 コフキサルノコシカケ

 テングタケ科 ササクレシロオニタケ A. cokeri f.rosotincta , テングタケ

ササクレシロオニタケ テングタケ科 根元は輪状ヒダが多い

ササクレシロオニタケ

テングタケ

ザラエノヒトヨタケ ヒトヨタケ科

ザラエノヒトヨタケ 5月

ヒトヨタケ科

スッポンタケ科 Phallaceae スッポンタケ Phallus impudicus .

1月

スッポンタケ
中国では食(薬)用

ホコリタケ科

ノウタケ ホコリタケ科 ノウタケ ノウタケ
9月
ホコリタケ

ホコリタケ

ホコリタケ

オニフスベ

最上部へ戻る

ヒダウロコタケ タチウロコタケ科

ヒダウロコタケ タチウロコタケ科


   ↓探索中です↓

6月
チョウジチチタケ ベニタケ科 
6月 チャウロコタケ スギヒラタケ キシメジ科 毒性
ウスヒラタケ ヒラタケ科
ヒポクレア プセウドストラミネア ニクザキン科 大型種 6月

キノコの知識が乏しいです。( 識別が困難の毒性キノコが多い )
           専門家の栽培キノコ以外は食べない方がいい。
  山の食用キノコ(自生キノコ)は地元の方が詳しい。
石川きのこ生産組合 はウスヒラタケの選抜された品種を販売しています。沖縄県の特産品

サルノコシカケ科

3月 ヒイロタケ サルノコシカケ科  ヒラウスベ 硬いキノコサルノコシカケ  ウチワタケ

ウチワタケ
6月

マスタケ
6月 マスタケ 12月 シックイタケ

ヒジリタケ
9月 国頭村
ヒジリタケ

コマタケ
裏が白く 触ったヶ所が赤くなる

西表島 船浮 2007/01

うるま市 伊計島

3月マンネンタケ科


クロチャワンタケ科

オオゴムタケ Galiella celebica
与那国 本部 6月
朽木上 6月
朽木上

サビホコリ 変形菌 ムラサキホコリ科

サビホコリ  ムラサキホコリ科 朽木上 6月

 幻覚キノコを食べたり、又 所持者は法に触れますのでキノコ類の採集は控えましょう。
キノコ類は大量の胞子を空気中に撒くので、風に乗り世界一周する者もあると思われる。

番外キノコに似る 根に寄生 ツチトリモチ科

キイレツチトリ
顕花植物




キノコの豆知識
一般にキノコと呼ばれるものの多くは担子菌門か子嚢菌門に属する。しかし変形菌などの、かつて菌界に分類されていたが、現在は菌類以外に分類されている生物の子実体もキノコとして取り扱われる場合がある。栄養の吸収の仕方から、動植物の遺骸を栄養源とする腐生性の木材腐朽菌、腐朽菌と植物の生きた根と共生が必要な菌根菌、昆虫類に寄生する冬虫夏草菌と分類される。キノコを含め菌類は生態系のサイクルの「分解」という重要な部分を担当している。キノコがあることで植物を構成するリグニン等は分解され、複雑構造のタンパク質は簡単な構造を持った物に変化し、再度植物の生長のために使われる。





キノコの生育場所・育て方のヒント
キノコの多くは植物やその遺骸を基質としているが、中には動物の糞などの排泄物や死骸を基質とするものや、他種のキノコを基質にするものもある。また、植物の根と菌根と呼ばれる器官を形成して共生し、植物から同化産物を供給されて成育するものもある。通常目にするキノコの多くは地上に発生しているが、トリュフのように完全に地下に埋没した状態で発生するもの(地下性菌)もある。地域としては森林や草原に発生するものが多い。

一般にキノコは日陰や湿ったところに生えると言われ、実際にそういうところで目にする場合が多い。しかし、キノコの側からすれば、これはやや異なる。というのは、地下性のものを除けば、キノコの形成には光が必要な場合が多いのである。これは、キノコが胞子を外界に飛ばすためのしくみであることを考えれば当然と言える。朽ち木の中の閉じた空洞で胞子を飛ばしても仕方がないので外に開かれた場所にキノコを作る必要がある。しかし菌糸の生育できる場所が湿ったところである場合が多いので、その中で明るい開けたところに出てきてキノコを作っても、周囲に比べるとやはり暗く湿ったところにならざるを得ない、というのが本当のところである。真っ暗なところでできたキノコはびん栽培のエノキタケに見られるように、モヤシのようにしか育たない。また、落雷した所のきのこはたくさん生育すると言い伝えられている。これは、落雷によるショックで防衛本能から子孫の増殖本能が働くためである。この習性を利用してきのこ栽培農家は、きのこにいろんな方法でショックを与えて増産効果を得ている。



キノコの見分け方・猛毒な種類のキノコに気をつける。

キノコの見分け方・同定の方法について
キノコ類の同定は、簡単ではない。上の各部名称に記されたような様々な特徴において分類され、それを頼りに同定するのであるが、元来キノコは菌類であり、カビと同じような微細な仕組みの生物であることを忘れてはならない。それが多数積み重なって肉眼的な構造を取ってはいるが、カビと同様に微生物としての目に見えない部分の特徴が実は重要であり、たとえば胞子や担子器などを顕微鏡で見なければ本当に正しい同定はできないものと考えるべきである。

もちろん、熟練したものは顕微鏡を使わずとも、大抵の同定を正しく行えるが、これはその地域に出現するであろう類似種や近似種の区別をすでに知っているからできることである。菌類図鑑もいろいろあるが、外形の写真だけの図鑑での同定は基本的には正しくできない可能性があるものと考えなければならない。





茸を食用として食べる動物たち
キノコを食べる動物はヒト以外にも多い。日本国外では、リスなどがキノコを木の枝先にかけて乾かし、冬の食料とする例も知られる。

昆虫にもキノコを食べるものは数多い。名前にキノコをつけてあるものにコウチュウ目でオオキノコムシ科・デオキノコムシ科・コキノコムシ科があり、それらに所属するものの多くがキノコを餌として、そこに生活している。他にゴミムシダマシ科やハエ目にもキノコを食べるものは多い。

ナメクジ・カタツムリにも茸を食べるものがあり、特にナメクジは露地栽培や林地栽培を行う生産者にとって厄介な害虫になっている。

熱帯域に分布するいわゆる高等シロアリ類や、南北アメリカ大陸に生息するハキリアリ(英語で「リーフカッティング・アンツ」)の仲間は、キノコを育て菌胞を餌として利用する物がある。



◇食べられる食用茸を3系統に分ける◇
食べることを基準に分ける表現としては、食用、不食(まずい、非常に硬く食用にされないもの、毒性が不明なものもある)、毒(または猛毒で間違って食べられるもの)がある。 現在世界では一年間に800万tが食べられているそうです。


1食用キノコ
シイタケ、エノキタケ、シメジ類、マイタケ、ナメコ、ツクリタケ(マッシュルーム)のように、非常によく食べられており、栽培も行なわれている食用キノコがある。最近では、エリンギやヤマブシタケの栽培も増えている。また、マツタケのように、栽培には成功していないが、大量に輸入されていたり、トリュフのように高価で珍重されるキノコもある。キヌガサタケは高級な中国料理の材料として扱われていたが、すでに中国で栽培されている。また、安全とされるキノコでも産地によっては毒成分を含むものがあることが知られている(例:スギヒラタケ)。あるいは、体質によっては消化不良を起こし、下痢をする場合がある。



食用キノコの利用方法・成分・調理方法と効用・効果・効能
食用キノコにはビタミンB2やビタミンDを含むものが多い。また、シイタケには呈味性ヌクレオチドであるグアニル酸が含まれ、だしを取るのに利用されている。キノコの旨み成分の多くは加熱により増えるため、ほとんどのキノコは生で食べても旨みは感じられない。また、溶血作用のある蛋白質のフラムトキシンなどを含有するキノコ(エノキタケ)に限らずクリタケ、ナラタケなども、必ず加熱し食べる必要があり、シイタケでは生や加熱不十分な物を食べてしいたけ皮膚炎を発症することがある。ちなみに食用キノコを洗いすぎると吸水し水っぽくなったり栄養や旨みが失われるため、洗いすぎず食べることが肝心。
またカワリハラタケ(アガリクス)などのキノコが、β-グルカンなどを豊富に含む健康食品として通信販売(販売)されているが、副作用被害も報告されている。
原木栽培方法によって栽培されたキノコは天然食材と同一条件なので味も同じといえる。



キノコの栽培方法
栽培方法には、栽培するキノコの生育(発生)条件により、原木栽培、菌床栽培、堆肥栽培の3種の方法がある。更に栽培環境により屋内、野外(林間)に分けられる。なお、本稿では菌糸体の成長だけでなく子実体の成長までが行えた物を栽培としている。

人間にとって有用なキノコで栽培が行われる菌類は腐生菌、寄生性菌によるもので、養分の摂取源で分類すれば落葉分解菌、木材腐朽菌、糞生菌等である。生きた植物の根を必要とする根生菌(菌根共生菌)類のキノコ(マツタケ、トリュフなど)では共生主となる植物の根に種付けし、実験室レベルでの人工栽培成功の報告例は有る。ホンシメジでは、研究の結果、菌床栽培も可能になった[2]。




食用キノコ栽培業・農家・農園の生産量や名産地・生産地などの情報
シイタケは佐賀県、栃木県をはじめ全国で行われ、ナメコ、シメジ、エノキタケなどは長野県、新潟県などで個人経営の農家による小規模なものから、株式会社による大規模な生産も行われている。規模の差はあっても、生産技術的には同質である。

現在の日本のキノコ栽培は、トリコデルマ菌やアオカビなどの有害菌の影響を排除し収穫量と品質の安定と少人数での生産を可能にするため、培地 (原木や菌床)を高温滅菌し無菌室のような栽培室で育成するだけでなく、農産物でありながら全ての工程で機械化が進み工場と化している。前述の高温滅菌や温湿度を生育条件に合わせ適切に管理するためのエネルギーコストと、オガクズの価格上昇や、廃培地の処理コストの負担は大きく、売価の下落に伴い小規模な生産者や零細農家の廃業が増加している[12]。 種菌は、種菌を生産する専門業者からキノコの生産者に向け供給される。

培地に混ぜることでキノコの収穫量を高める増収剤は、増収剤を生産する専門業者からキノコの生産者に向け供給される。JAが供給する増収剤の中には成分分析結果を公表しない増収剤があり、JA信州諏訪ではJAが供給する増収剤に対して食品の安全性を明確にできないことが問題視される。





農薬問題・残留農薬による輸入問題
日本では子実体に直接散布することは認められていないが、育成室中のキノコバエ駆除や害菌の増殖防止の為に培地や原木への散布は認められており[18]、散布基準以下の使用量であれば残留農薬は基準以下となる[19]。中国産では、基準を超えた残留農薬が検出され問題となることがある。





キノコ狩り
日本では、主に秋のキノコ採集シーズンにおいて、各地域のキノコ愛好家団体による同定会が開催されている。公立試験研究機関や大学のキノコ関連の研究室が開催している場合もある。同定会に参加すれば、判定するための試薬や顕微鏡といった資材が利用できる上、複数の経験者により的確な判断が得られることなど、安全さと正確さを確保することができる上、自分で採集したキノコ以外を観察することもできるので、単なる食・毒の判断にとどまらずキノコ全般や現地の自然環境についての知識を養うことができる。

同定会の前に採集会がセットされているのが通例で、団体で行動することにより山中でのトラブルを避けることができる。








食用キノコ一覧表 

最大注意!!!

但し毒キノコの確実な見分け方は存在しない。

最大注意!!!


誤記があるかもしれませんので充分に調べられますようお願いします。

間違った情報を発見された場合、こちらまで情報提供頂けたら幸いです。

→cafe@infookinawa.com



アミガサタケ科 - アミガサタケ(食用)
イモタケ科 - イモタケ(食用)
セイヨウショウロ科 - セイヨウショウロ(トリュフ)(食用)
シロキクラゲ科 - シロキクラゲ(食用)
キクラゲ科 - キクラゲ(食用)、アラゲキクラゲ(食用)
アンズタケ科 - アンズタケ(食用)
ホウキタケ科 - ホウキタケ(食用)、コノミタケ(食用)
ラッパタケ科 - クロラッパタケ(食用)
ハナビラタケ科 - ハナビラタケ(食用)
カンゾウタケ科 - カンゾウタケ(食用)
サンゴハリタケ科 - ヤマブシタケ(食用)
エゾハリタケ科 - ブナハリタケ(食用)
イボタケ科 - コウタケ(食用)
サルノコシカケ科 - マイタケ(食用)
ミヤマトンビマイタケ科 - ミヤマトンビマイタケ(食用)
ヒラタケ科 - ヒラタケ(食用)、エリンギ(食用)、アワビタケ(食用)
ヌメリガサ科 - ベニヤマタケ(食用)、ハダイロガサ(食用)、ヒイロガサ (食用) 、ワカクサタケ(食用)、アカヌマベニタケ(食用)、アカヤマタケ(食用)
キシメジ科 - エノキタケ(食用)、キシメジ(食用)、シイタケ(食用)、ムキタケ(食)、ナラタケ(食用)、ホンシメジ(食用)、シャカシメジ(食用)、ハタケシメジ(食用)、ハルシメジ(食用)、ブナシメジ(食用)、マツタケ(食用)、
ウラベニガサ科 - フクロタケ(食用)
ハラタケ科 - ハラタケ(食用)、マッシュルーム(ツクリタケ、食用)、カラカサタケ(食用)
モエギタケ科 - クリタケ(食用)、ナメコ(食用)、ヌメリスギタケ(食用)、チャナメツムタケ(食用)、センボンイチメガサ(食用)
フウセンタケ科 - フウセンタケモドキ(クリフウセンタケ)(食用)、ヌメリササタケ(食用)、ショウゲンジ(食用)
イッポンシメジ科 - ウラベニホテイシメジ(食用)
オウギタケ科 - オウギタケ(食用)
イグチ科 - ヤマドリタケ(食用)、ハナイグチ(食用)、ヤマドリタケモドキ(食用)、アミタケ(食用)、コショウイグチ(食用)、ニセイロガワリ(食用)
ベニタケ科 - ハツタケ(食用)、チチタケ(食用)
ホウライタケ科 - シバフタケ(食用)
スッポンタケ科 - キヌガサタケ(食用)、
ショウロ科 - ショウロ(食用)








毒(猛毒)キノコ例一覧表
ノボリリュウ科 - シャグマアミガサタケ(毒)- ツチクラゲ(食毒不明)
ニクザキン科 - カエンタケ(猛毒)
ホウキタケ科 - キホウキタケ(毒)
キシメジ科 - ツキヨタケ(毒)、スギヒラタケ(食用か毒か調査中)、ドクササコ(毒)
テングタケ科 - テングタケ(毒)、ベニテングタケ(方言アシタカベニタケ)(毒)、ドクツルタケ(猛毒)、タマゴテングタケ(猛毒)、タマゴタケ(食用)、ガンタケ(食用、但し生食は毒)
ヒトヨタケ科 - ヒトヨタケ(食用、ただし中毒例あり)
オキナタケ科 - センボンサイギョウガサ (毒)
モエギタケ科 - ニガクリタケ(猛毒)、スギタケ(毒)、シビレタケ(毒)、ヒカゲシビレタケ(毒)
フウセンタケ科 - アセタケ(毒)、オオワライタケ(毒)、コレラタケ(猛毒)、ヒメアジロガサ(毒)、ヒメアジロガサモドキ(毒)
イッポンシメジ科 - イッポンシメジ(毒)、クサウラベニタケ(毒)
イグチ科 - ドクヤマドリ(毒)、ニガイグチ(毒)
ベニタケ科 - ニセクロハツ(毒)








最上部へ戻る

便利なサイト

沖縄県那覇市内の格安ホテル情報  /  沖縄の観光・ホテル情報  /  沖縄の植物写真画像掲示板  /  

沖縄離島の観光ホテル情報  /  沖縄で仕事探し・転職・求職情報  /  沖縄のニュース・社会問題・経済

沖縄のランチバイキング情報  /  沖縄の人気美容室・美容院  /  沖縄のアパート賃貸情報

沖縄のお稽古事・習い事  /  沖縄の保育園・学童のクチコミ情報  /  沖縄の人気観光スポットガイド

沖縄で比較マネープラン  /  沖縄の病院・医院のクチコミ情報  /  沖縄の花園芸・観葉植物・ガーデニング

沖縄の車検工場と修理屋さん  /  沖縄で移住生活・田舎暮らし  /  沖縄のパン屋さん口コミ情報

Copyright (C) 化石博士への近道・管理人眞謝, All Rights Reserved.