観葉植物

沖縄のキク科写真図鑑と育て方

〜Plant Okinawa Compositae〜
沖縄の図鑑トップへ
植物トップページ 
植物販売ショップ
サイトマップ
植物総合掲示板



植物の検索にはこちらで探すのがとっても便利で早い!↓↓↓




>>植物写真図鑑トップへ            >>植物総合掲示板

キク科の育て方・栽培方法・植え替えなど増やし方情報

現在、記事を整理中で見ることができません。 お急ぎの方はこちらでご質問下さい。↓↓↓

        >>キク科・タンポポ科の質問と相談植物総合掲示板





アオヤギバナ Solidago yokusaiana Makino .

2009/9/9 絶滅危惧種
(アオヤギソウ)

アオヤギバナSolidago yokusaiana
(アオヤギソウ) Solidago yokusaiana 東村大保川の渓流植物 最上部へ戻る





アキノキリンソウ Solidago virgaurea L. subsp. asiatica Kitam .

 アキノキリンソウ  アキノキリンソウ   2月



最上部へ戻る


アキノノゲシ Lactuca indica var. laciniata

アキノノゲシ アキノノゲシ










イソノギク

イソノギク

イソノギク
万座毛 11月

イソノギク
中国北部・朝鮮半島北部

エゾギク(サツマギク)



最上部へ戻る



イリオモテアザミ  Cirsium brevicaule A.Gray var. irumtiense 
イリオモテアザミ 海岸植物
ドイツアザミの親
与那国〜宮古島 大神島 石垣島 2月



最上部へ戻る



オキナワギク Aster miyagii Koidzumi 危急種
オキナワギク Aster miyagii 沖縄北部の太平洋側



最上部へ戻る




ガンクビソウ Carpesium divaricatum
ガンクビソウ Carpesium divaricatum 秋〜冬 谷間に多い

キツネアザミ Hemistepta lyrata

キツネアザミ Hemistepta lyrata



最上部へ戻る




コケタンポポ Solenogyne mikadoi Koidzumi 危急種
渓流植物  夏 国頭村 安波
渓流植物 コケタンポポ Solenogyne mikadoi   タナガーグムイ 小型(矮小化)



最上部へ戻る



セイタカアワダチソウ Solidago altissima L
セイタカアワダチソウ Solidago altissima L アキノキリンソウ属 蜜源植物 10月 法面の緑化 北米原産



最上部へ戻る



ツワブキ Farfugium japonicum
ツワブキ 白花
(オウゴンツワブキ)
本部半島
 白花


最上部へ戻る

西表産


ツワブキ Farfugium japonicum 2月 西表産 本部半島 本部半島


最上部へ戻る



リュウキュウツワブキ Farfugium japonicum var. luchuense
リュウキュウツワブキ 渓流植物 扇形の葉
細葉
貴重種




最上部へ戻る


白の斑入り




最上部へ戻る



斑入りのツワブキ 日本庭園に最適 新芽は黄金色
斑入り

テリハノギク Aster taiwanensis var.lucens

テリハノギク Aster taiwanensis var  2月


最上部へ戻る



ナガバハグマ Ainsliaea oblonga Koidzumi
ナガバハグマ Ainsliaea oblonga
ナガバハグマ
谷間に多い
ナガバハグマ
2月 危急種
Ainsliaea oblonga
最上部へ戻る
ナガバハグマ
最上部へ戻る

マルバハグマ


マルバハグマ
山の頂上付近



最上部へ戻る



ベニバナ Carthamus tinctorius
ベニバナ Carthamus tinctorius スエツムハナ 末摘花



最上部へ戻る



ベニバナポロギク Crassocephalum crepidioides
ベニバナポロギク Crassocephalum crepidioides アフリカ原産



最上部へ戻る


ヤエヤマコウゾリナ
ヤエヤマコウゾリナ 西表 2月



最上部へ戻る



ヤナギニガナ Ixeris laevigata (Bl.) Sch.-Bip. ex Engl. & Maxim.絶滅危惧種
ヤナギニガナ Ixeris laevigata 川沿い 渓流植物 大宜味村ヤナギニガナ 危惧植物 東村


2月 ノゲシ ノゲシ属  2月
ノニガナ
2月
海岸植物

シマアザミ

シマアザミ
2月
2月
最上部へ戻る

アメリカハマグルマ

アメリカハマグルマ

アメリカハマグルマ

タイワンヒヨドリバナモドキ

タイワンヒヨドリバナモドキ





最上部へ戻る


ハハコグサ
ウスベニニガナ Emilia sonchifolia
オキナワテイショウソウ 帰化
四国 大阪城 タンポポ
帰化

タンポポ
小型種 ムラサキカッコウアザミ 読谷村 帰化





最上部へ戻る



3月



最上部へ戻る


菊科
 ヨナグニイソノギク  ヨナグニイソノギク 与那国産 モクビャクコウ (刻み細葉) 海岸の崖 モクビャクコウ 帰化植物 ハルジオン ムカシヨモギ属
 ハマニガナ  ハマニガナ
ジシバリ ニガナ属
 ジシバリ ニガナ属  磯菊





最上部へ戻る



           

 栽培キク 恩納村 喜瀬武原 恩納村 喜瀬武原




最上部へ戻る




2月  箱根菊 2月

 ブラキカム
 2月

ブラキカム



最上部へ戻る



メキシコサワギク Senecio confusus 【英 名】Mexican Dais

メキシコサワギク Senecio confusus

メキシコサワギク

Senecio confusus
2月
2月

英 名 Mexican Dais




最上部へ戻る


番外










菊を食べる・食べ方

食用菊(しょくようぎく)とは菊の一種で、特に食用として栽培されている菊を指す。食菊ともいう。
料理のつまに使われるつま菊などの小輪種の他、花びらのみを食用とする大輪種がある。

◇食べられる菊の味◇
観賞用の菊に比べて苦みが少なく、甘みがある。


◇食用菊の食べ方◇
 ・茹でてお浸し
 ・酢の物
 ・胡桃合え
 ・天ぷら
 ・吸い物
 ・干し菊
など
以上、ウィキペディア参照

場所・光について:光や風を好む

開花時期から夏菊・秋菊・冬菊に分ける。



生産量

食用菊の生産量は山形県が1位のようです。
その中でも有名なのが品種名「もってのほか」で
名前の由来は 天皇家の家紋である菊を食べるのは「もってのほか」というのが名前の由来らしい。


愛知県田原市(渥美)では観葉植物・電照菊・スプレー菊の生産・出荷量が日本一のようです。


どこかのホームページで紹介していましたが。
オランダと日本の菊の生産量は同じくらいだそうです。
しかし、生産農家・園芸農家の数が約20倍くらい違いました。(正確な数字は覚えてませんが大体これくらいだと記憶しています。)

日本の方が生産農家は多いのに圧倒的に効率が悪いといえます。
その理由はオランダは苗を外国から買っているけど、日本はほとんどじぶんで作っているそうで
その辺でコストパフォーマンスが悪くなっていると指摘していました。

苗の増やし方はいろいろ考えて、日本も外国から輸入するのもいいかもしれません。
しかし、キク類はマレーシアや中国などアジア各地から約2000万本を輸入し、年々増加しているそうです。
特にスプレー菊は既に外国産のシェアが約20%になるそうで、今後は日本菊農家の経済も厳しくなるかもしれません。




全国的にはあまり知られていないが山形県では名物「もってのほか」という品種が食べらている。


沖縄では電照菊によって栽培され農家の出荷時期が日本一で早い(冬の季節が開花時期)。また菊は食べられる食用の種類も多く品種改良されて有用に利用されている。






植物の病気とは
植物病理学(しょくぶつびょうりがく)とは植物の病害を診断し、予防あるいは治療するための学問領域である。対象領域として、病原体による"感染症"や、病原体によらない(物理・化学的条件による)病気を含む。昆虫やダニによる単純な食害はふつう含めないが、病原体のベクターとなる場合や奇形(虫えいなど)の原因となる場合は含む。

病原体としては次のようなものがある。

真菌 - 植物病原体として最も普通である。
卵菌 - べと病、ジャガイモ疫病など。
細菌 - 18属ほどが知られる。
ウイルス - 700種以上が知られる。
線虫 - それ自体が病原体となるもの、また病原体のベクターとなるものがある。
ウイロイド - 小型の1本鎖RNAのみからなる最も単純な病原体。
寄生植物 - 害の大きいものとしてネナシカズラなどが知られる。
ネコブカビ - 粘菌に類似した病原生物。
病原体によらない原因としては次のようなものがある。

(自然の原因)
乾燥・高温障害
多雨・過湿
低温障害(冷害、霜害、雪害)
栄養障害
塩害
(人工的原因)
土壌の硬化・流亡
汚染(大気、土壌)
農薬による薬害
肥料の不足・過多
植物病害というのは、植物自体に害を与えるという意味であるが、中には食品として摂取した人畜に害を与える場合(マイコトキシンを産生する赤かび病、麦角病など)もある。

異常、ウィキペディア参照




害虫にも注意が必要。

害虫
害虫(がいちゅう)とは、人間(ヒト)や家畜・ペット・農産物・財産などにとって有害な作用をもたらす虫。主に無脊椎動物である小動物、とくに昆虫類をいう。駆除には殺虫剤が使われる。
特にアブラムシには注意をしましょう
葉の栄養分を吸収し生育阻害を起こします。またキクの病気の原因ともなります。

アブラムシの対策として・・・
虫さんにがんばってもらいましょう。テントウムシが天敵ですが、他にカマキリ、バッタ、クモなどが挙げられる。





今後アップ予定のキーワード
植え方/縁起/親株/茶/季節/切花/長持ち/挿し木/着物/剪定時期
懸崖 作り方/葬式・葬儀/種まき/手入れ/農薬/農耕/種類
肥料/水撒き/水の遣り方/培養土



最上部へ戻る

便利なサイト

沖縄県那覇市内の格安ホテル情報  /  沖縄の観光・ホテル情報  /  沖縄の植物写真画像掲示板  /  

沖縄離島の観光ホテル情報  /  沖縄で仕事探し・転職・求職情報  /  沖縄のニュース・社会問題・経済

沖縄のランチバイキング情報  /  沖縄の人気美容室・美容院  /  沖縄のアパート賃貸情報

沖縄のお稽古事・習い事  /  沖縄の保育園・学童のクチコミ情報  /  沖縄の人気観光スポットガイド

沖縄で比較マネープラン  /  沖縄の病院・医院のクチコミ情報  /  沖縄の花園芸・観葉植物・ガーデニング

沖縄の車検工場と修理屋さん  /  沖縄で移住生活・田舎暮らし  /  沖縄のパン屋さん口コミ情報

Copyright (C) 化石博士への近道・管理人眞謝, All Rights Reserved.