西表島  IRIOMOTE  IS.
 Maja 西表星立海岸に流れ着いた種子と約4000万年前の石炭

(星立海岸) 中新世後期
石炭 
(赤離島の対岸) 第四紀中期
木の化石
西表石炭にはイオウ(黄色)が多く含む 
石炭 


 モモタマナ
 オキナワウラジロガシ  ゴバンノアシ  サガリバナ(サワフジ)  サキシマスオウ  パンギノキ
 ヒメモダマ  ホウガンヒルギ  マメ科  モダマ

大見謝河口付近にマルスダレガイ化石が見つかるということで、そこに行きましたが地層は深海の堆積岩でした。浅い棲かのマルスダレガイ化石はでませんでした。 そこから1km以上離れた所には琉球石灰岩の露頭がありました。
 白浜へぬける旧道路(レベル約40M)の崖右手の方に、黒い層があります。左の崖には石炭層はありません。 断層は確認できない。 黒い層の傾き、礫を観察した結果 私は第四期中期の地層と思う。マルマボンサンの琉球石灰岩(下部礫層)とフィンガー関係(同時代)にあたる 

第四紀中期 二次堆積石炭 白浜の旧道路脇 (二次堆積石炭) 白浜の旧道路脇
123456789(祖納)
約4000万年前の石炭産地 船浮湾
花粉分析の論文は間違い  ⇒ 二次堆積石炭(白浜)第四紀中期

第四期中期と思うので論文の花粉分析表に要注意 


木の化石 (赤離島の対岸) 第四紀中期

推定100万年前の堅い地層 白浜旧道の地層と同時代の地層
琉球石灰岩と地層


マラリア被害地 土器無し貝塚 キバウミニナが多い マングロープ林 キバウミニナ キビ

 西表島の石炭は、遠くから海流に運ばれ海底に堆積した植物ですので層が薄い。
近くには島がないので、河口に棲息する ピカリア(ピカリヤ)化石は発見出来ません。

 眞謝喜一 kiich Maja